お薬を使う時の注意点

大人とこどもは違うんだよ

お子さまは、身体の働きが大人に比べ十分ではありません。
薬を体内に取り入れ排泄する肝臓や腎臓の働きが未発達のため、薬の影響が大人よりも現れやすくなります。薬の使用上の注意を守るのはもちろんのこと、大人以上に薬の扱いは慎重に行いましょう。

  • お子さまに大人の薬を加減して与えてはいけません!!
  • お子さまには、小児の用法が記載されているものを選びましょう
  • お子さまが、薬に興味を持ち理解できる年齢であれば、薬を使う必要性を話し、
    納得させてから使いましょう